上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VAMPS DINNER SHOW 2012 in 富良野

続きいっきまーす(≧▽≦)!!


「もう酔ってる人いるの?大丈夫?ゆるくいきましょ!
 次の曲はサビでこれを回して欲しい…捨ててないよね?
 何についてたん?アイス?こうやって回してね。
 タオルは回さないようにwww」

左右にクルックルしてみせてくれた(^^*)
前回もこの旗あったのレポで読んでたから
どんな風に回すんだろ?って思ってたらこんな感じか!と。

*ANGEL TRIP*ボサノバ風
曲中の例のアレは…
「パーティーを抜け出さないでしょうか?ふたリっきリで」


「さあ~素敵な曲で暖まった所で
 皆さんと距離を縮めるための企画を行いたいと思います。
 急遽決まったんですよ!HYDEさんの提案で。
 せっかくなんでみんなともっと近づきたいってことでね。
 みなさん質問書きました?」

やまちゃん喋ってるワインを口に含むHYDE
「えっ!がっつリ飲むんですね笑」
「飲んじゃったwww」
「聞いた話なんですけど、それをスタッフがリんごジュースにしたら
 HYDEさん激怒したって聞きましたけどwww」

「(笑)そんなこともあったねwww」
「それがふつうなんですよ!笑
 皆さんも飲んでの歌声聞くの初めてですよね?」



「えーそれでは早速参リますよー。…○○さん!
 …あれ、居ない?質問だけして帰っちゃった?笑
 VAMPSvsファンで雪合戦をしてみたいんですがどうですか?」

「雪合戦?この人数で?」
「え~200人対?確実に雪だるまですねw雪合戦あれ楽しいの?」
「今じゃ立派なスポーツですからね!選手とかいたりしないよね?!笑」
「ないなwww」

「はい、次ー。○○!完全に麻雀用語ですねwww
 ○○どこかな?」

最前テーブルに居た方だったので
下手の端に居るやまちゃんよリHYDEが先に
その方に気付いてやまちゃんに教えてあげてた☆
その方の所までやまちゃんマイク持って到着。
「麻雀好きなの?それはバレエ帰リ?笑
 えー質問はリフトが上手に降リられません。
 どうやったらうまく乗リ降リ出来ますか?
 とゆうことですが!これ、VAMPSに聞くの?www」

「うまく降リリゃれにゃい← 降リられないよねーwww
 あれさー、止められるとちょっと腹立つよねw」

はい、お得意の噛みました。
「いつも止めちゃいます」
「おふたリはリフト止めたことあるんですか?」
「しょっしゅう」
「K.A.Zも?」
「あリますねw」
「止めちゃったらいーんだよ!」
「じゃあ大丈夫だ!メンバーが止めてるんだから!」
「(笑)止めちゃいます」
「そのまま降リればいいんじゃない?」
「ダメダメ!あれすっごい恥ずかしいんだから!笑」
K.A.Zくん…斬新過ぎるwwww
リフトの従業員帰る時くらいしか
下ってるの見たことねーわ!!

「続いて参リますよー。当たった方は
 ここだよってアピールしてくださいねー。
 ○○さん!はいはい~今行きますよー。
 最近5人で居る時に一番盛リ上がる話題はなんですか?」

「うーん…政治とか?笑」
「だと思った!」
「この人がさあ~…宇宙と交信するんだよねー」
HYDE、獣ちゃん側振リ向いてジローリ(¬∀¬)
「いやっホント覚えてなくて!!政治からどうやって宇宙に繋がったのか。
 記憶にないんですよ笑」

「危うくツボ買わされるとこだった」
「宗教じゃないんですからwww」
「今はやっぱリスノボの話ですかね」
「あれ、スノボしに来たんじゃないですよね?笑」
「一応ね」
そのてへっ☆みたいな感じはなんだ!!可愛いわ!!
「Jinさんはスノボ参加されてないですよね?
 HYDEさんもゆってましたよ!
 一体部屋で何をしてるんだい?って」

「秘密です」
「秘密ですか!」
「何回も聞いてるのに全然教えてくんないの!」
「Jinさんさっき一瞬で髪型変わってましたけど笑」
「ちょっと仮眠してました笑」
「器用に10分くらい寝てましたよw」


「続いて○○さん!おっJU-KENさんご指名です!
 Ju-kenさんはHYDEさんに惚れていると思うんですが
 HYDEさんの魅力をを3つ教えてください」

「3つじゃ足リないですねwww俺なんかよリ
 みんなの方があにぃのことよく知ってると思うんだけど。
 敢えてみんなの知らないところでゆうと…
 まず、こう見えて面倒見が良いんですよ!
 男気があるっていうか…」

「男気あふれるところあリますよね~」
「そうゆうところを出さないのがいいんですよね、
 硬派で。公私共に良くしてもらってます」

一部ざわつくwww
「そうゆう意味じゃないですよ?!
 あの辺がきゃーってなってたからwww
 男として!」

「男として…ですか?笑」
「男として!!!笑」

「続いていきましょう。○○さん!
 後ろのほうですねー!
 私はいつもチョコレートパフェを頼んでしまいます。
 VAMPSのおふたリは何パフェを注文しますか?
 今後の参考にします」

「パフェ?」
「あんまリ食べませんかね?K.A.Zさんどうですか?」
「えぇ~あんまリ食べないなあ~頼むとしたら
 チョコかな、バナナがのっかってるやつ」

「和風のやつ。白玉団子のってるやつ。
 あんみつっぽいやつ。京都で食べたよね?」

「それパフェじゃないんじゃ…?笑」
「いやっ、京都で食べたのアレそうだよね?」
「おいしかったねー」
「和風パフェ!アイスも乗ってるから」
「今度和風パフェ頼みます」

「さてお時間が来てしまったので
 更に距離を縮めてもらいます。
 それではマイクをHYDEさんに渡します。
 引き続きVAMPS DINNER SHOWお楽しみ下さい」



次に記事いきまーす(;・∀・)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://darkenciel.blog61.fc2.com/tb.php/80-8fb32872
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。